2019.11.24.(CoC)

337とねすたにキャラを作らせたら大抵SAN40〜55なので、もはやこれが平均値と思い込んでいるPLと頭を抱えるKP。明日は何処!?

絶対自由同盟

KP:はやぶさ
PC(PL):篠塚 留璃子(337)山田 賢(ねすた)※敬称略

セッション当日にキャラを作るところから始まる突発セッションでしたが、はやぶさKPらしいシナリオ選択とかつてないファンブル祭りでてんやわんやした楽しいセッションでした。

どうしてSAN値が低いのかpart.?

上記の通り50前後をSAN値の安全ラインと思ってるふたりだったけれど、開始してすぐ留璃子が不定の狂気に(マイナス11でキッカリ1/5)。狂気は健忘症で自分が自衛官であることを忘れることに。


持ち込んだ猟銃は進行上当然のように取り上げられていたので、お情けとして手に入れた拳銃に補正をつけてもらって戦闘要員になったのに早速足手まといへ(?)
さすがに詰むのを恐れたKPが精神分析の代用案を出した。そもそもこのペアの精神分析担当が留璃子だったんですけどね...。


そんな流れもあり道中3回くらい不定の狂気をぶり返しつつ、山田氏に言いくるめ(精神分析代用)を振られる留璃子。

自衛官ムーブした思い出

聞いてた通り戦闘スポットがかなりの難易度だったんですが、そのなかの1回は奇襲が取れるポイントで留璃子がファンブルをして相手に先制を許したことだと思います。


ワンチャン致死ダメージのダイスを振りながらも結果に頭をかかえるKP、どうすれば共倒れしないか振る舞いに悩むPLたち。あまりの危機に夕飯休憩が挟まるセッション。
考えた末、留璃子の自衛官という立場を生かしたガンアクションをかましました。たのしかったです。ただし自分の受動ダメージ出される瞬間が本当に胃が痛かった。死ななくてよかった。

全体を通して出目が高くてシナリオの難易度よりダイスに苦しめられたセッションでした。2人合わせてなぜか97という数字が頻発したのはなんだったんだろう(多分合計4回くらい97が出ている)。

セッション結果、生還


今回「どちらかが女性PCだとよい」とKPから聞いていたので、337が女性のPC引き連れていくか...と最初は継続別PC(蓬田慧子)を連れてくる予定でした。ただ戦闘もあるよと付け加えがあったので急遽新規作ったという経緯があります。
結果的には留璃子で正解?だったとは思うんですが、露出狂犯罪者連れて行ったらそれはそれで面白かったんだろうな...とは思いました。

個人的にセッション中一番面白かったのは、ねすたさんがボソッと「これは...テケのリリですねえ...」って漏らしたことです。 MVP

長すぎないセッションで、どう転んでも行動の結果には満足できるシナリオだと思います。回してくれたはやぶさKP、一緒に死にかけたねすたさん、ありがとうございました!

使用シナリオURL

絶対自由同盟