黄昏の扉 ログ

2019.03.03.(CoC)

337のキャラクター(蓬田慧斗)は継続3回目。

黄昏の扉

KP:はやぶさ
PC(PL):蓬田 慧斗(337)大滝 秋保(ねすた)鬼木 翔(蟻)※敬称略

「友人たちと遊園地に行く」という事前情報をもらっていたのにもかかわらず、PL全員協調性皆無ゴーイングマイウェイのキャラで来てしまい擦り合わせに頭を悩ませた結果、出身高校が同じではぐれ屋上組という設定が生えた。

左から大滝秋保、鬼木翔、蓬田慧斗(シナリオ進行のために設定が生える)

PL自体も全員特に何も考えずキャラシ提出した節があったため、337が開口一番に「遊園地行くってのに野郎だけかよ!」と発言。お前が提出したのも野郎だぞ。

蓬田(概念女子高生)と翔(マッチョレスラー)が秋保(保険会社員)の自宅を特定し、強制連行という形で遊園地に行くこととなる。

そんな秋保さんは終始巻き込まれ属性のロールプレイをしていた割に、2d6のダメージロールで他二人が瀕死になってる中防弾チョッキ持ち込んでほぼ無傷だったり、最後のギミックで巻き込まれどころか率先して行動してたりと、いろんな意味で面白いセッションだった。

蓬田は主に対人技能を振り、ナルシストだったり馴れ馴れしいという設定を活かしながらプレイ。

一方翔くんはそんななかひたすらジェットコースターに乗りたがっていたのであった。

最後は(詳細は省くが)仲良く猟犬に追われるノーマルエンド。

シナリオの広がり方からNPCの絡み方、収束させるための推理要素が考えて作られてるんだなと肌で感じられてとても楽しくプレイできた。

使用シナリオURL

黄昏の扉

黄昏の扉 ログ 黄昏の扉 ログ Reviewed by 337 on 3月 27, 2019 Rating: 5
Powered by Blogger.